「CIL豊中」のCIL(Center for Independent Living)は、自立生活センターを意味します。
自立生活センターとは、どんなに重い障害を持つ人も、地域で普通に自立生活できる社会の実現を目指して、
自立生活及び権利擁護に関する事業活動を障害当事者が運営主体となっておこなっている、サービス提供機関です。

ヘルパーステーション

管理者の写真
管理者
渡辺亮

ごあいさつ

多くの利用者さんとの出会いは日々、自分自身を成長させてもらうことばかりです。

様々な目線で生活されてきた利用者さんの話を聞かせてもらえることは、私の仕事において多くの財産になっています。

会話の中で、利用者さんが不便に感じる事や、悩み事を話された時など、初めの頃は何も思いつかず、適切な助言などできませんでした。しかし、利用者さんが過去に創意工夫を凝らして生活されてきたことを聞かせてもらった経験を通じて、同じような悩みを持った他の利用者さんに助言をさせてもらったら、とても助かったと感謝して頂きました。そういう時に常々利用者さんに成長させてもらっている事を感じます。

現在、在宅医療の進化により、多くの方が自宅での生活が可能になった分、ヘルパーが担う範囲も多岐にわたり、技術の向上や介護・医療との連携もより求められる時代になりました。

ヘルパーの技術の向上が利用者さんの質の高い生活を送る上で不可欠だと実感し、日々の訪問や研修にやりがいを感じる毎日です。

ヘルパーステーション

ヘルパーステーションの玄関写真
開所時間9:00~18:00
休み日曜・祝日・12/29~1/3
電話06-6840-8195
FAX06-6840-8196
住所〒560-0033
大阪府豊中市蛍池中町2-3-1-202
「ルシオーレ」南館2階
「CIL豊中」のCIL(Center for Independent Living)は、自立生活センターを意味します。
自立生活センターとは、どんなに重い障害を持つ人も、地域で普通に自立生活できる社会の実現を目指して、自立生活及び権利擁護に関する事業活動を障害当事者が運営主体となっておこなっている、サービス提供機関です。

ヘルパーステーション

ごあいさつ

多くの利用者さんとの出会いは日々、自分自身を成長させてもらうことばかりです。

様々な目線で生活されてきた利用者さんの話を聞かせてもらえることは、私の仕事において多くの財産になっています。

会話の中で、利用者さんが不便に感じる事や、悩み事を話された時など、初めの頃は何も思いつかず、適切な助言などできませんでした。しかし、利用者さんが過去に創意工夫を凝らして生活されてきたことを聞かせてもらった経験を通じて、同じような悩みを持った他の利用者さんに助言をさせてもらったら、とても助かったと感謝して頂きました。そういう時に常々利用者さんに成長させてもらっている事を感じます。

現在、在宅医療の進化により、多くの方が自宅での生活が可能になった分、ヘルパーが担う範囲も多岐にわたり、技術の向上や介護・医療との連携もより求められる時代になりました。

ヘルパーの技術の向上が利用者さんの質の高い生活を送る上で不可欠だと実感し、日々の訪問や研修にやりがいを感じる毎日です。

管理者の写真
管理者
渡辺亮

ヘルパーステーション

ヘルパーステーションの玄関写真
開所時間9:00~18:00
休み日曜・祝日・12/29~1/3
電話06-6840-8195
FAX06-6840-8196
住所〒560-0033
大阪府豊中市蛍池中町2-3-1-202
「ルシオーレ」南館2階

上に戻る