「CIL豊中」のCIL(Center for Independent Living)は、自立生活センターを意味します。
自立生活センターとは、どんなに重い障害を持つ人も、地域で普通に自立生活できる社会の実現を目指して、
自立生活及び権利擁護に関する事業活動を障害当事者が運営主体となっておこなっている、サービス提供機関です。

介助サービス

介助サービスは、介助が必要な方の自立支援を目的とした、制度外(インフォーマル)サービスです。

介助サービスの流れ

  • ①介助サービスに登録をします。
  • ②利用者がCIL豊中に原則5日前までに依頼をします。
  • ③依頼に基づいて、CIL豊中が条件の合う登録介助者を調整し派遣します。
  • ④翌月、利用者に介助料の請求をし、介助者に介助料を支払います。
  • ※利用対象者は、原則豊中市在住の障害を持つ人です。
  • ※身体の介護は同性の介助者が基本です。
  • ※条件の合う介助者が見つからず、御希望にそえない場合は御了承願います。

同行

介助者が、初めての利用者のところに行く場合、1回目(場合によっては数回)は同行という形でコーディネーターや慣れている介助者と一緒の活動となります。

※介助の内容によっては引き合わせのみの場合もあります。

介助中の交通費等

介助中の介助者の交通費は、利用者が負担します。

介助中の介助者の映画等チケット代は、利用者が負担します。

介助中の介助者の食費は、介助者の自己負担です。

記録

介助サービス実績記録票は介助終了後に介助者が30分単位で記録し、利用者が保管します。実績記録票は毎月末締めで、翌月3日までに利用者がCIL豊中に提出して下さい。

支払い

翌月、利用者に介助料を請求し、介助者に介助料を支払います。

  • ※利用者の支払い方法は原則、口座自動引き落とし(翌月27日)でお願いします。
  • ※介助者への支払は、翌月20日に銀行振込です。

保険

損保ジャパン ウォームハートに加入しています。

事故等が起こった場合、同保険の補償限度内での補償となります。

介助料

介助料(1時間)
利用者支払介助者受取事務手数
1,200円1,100円100円
  • ※依頼は1時間以上30分単位です。やむを得ず30分の依頼でも1時間の介助料になります。
  • ※交通費は利用者が実費負担します。
    電車・バス等公共交通代、自転車:50円、車・バイク:100円、必要により駐車代
  • ※キャンセル料は前日まで無料、当日半額です(上限10,000円)
  • ※介助者受取は30分の介助でも1時間分になります。
  • ※同行の場合、介助者が受け取る介助料は半額です(CIL豊中が負担します)

旅行料金

旅行は1泊24時間16,000円(介助者受取15,000円、事務手数料1,000円)

依頼は1泊24時間以上4分の1日(6時間)単位です。

交通費及び宿泊費は利用者負担です。

キャンセル料は介助料と同じです。

介助者の心得

  1. 約束・時間厳守。やむを得ず約束の介助を休むときや遅れるときは、分かった時点ですぐにCIL豊中に連絡して下さい。
  2. 利用者及び家族の情報または秘密事項を、活動中かどうかに関わらず外部に漏らさないで下さい。
  3. 利用者の生活を理解し意思を尊重して下さい。介助者の考え方等価値観を押しつけないようにして下さい。
  4. 利用者とのコミュニケーションを大切にして下さい。言語障害がある方等、介助者が先へ先へと話を進めてしまいがちです。
  5. 風邪など介助者自身の健康管理に気をつけて下さい。障害によっては風邪が命取りになる場合があります。
  6. 事故等、トラブルが起こったときは出来るだけ早くCIL豊中に連絡して下さい。
「CIL豊中」のCIL(Center for Independent Living)は、自立生活センターを意味します。
自立生活センターとは、どんなに重い障害を持つ人も、地域で普通に自立生活できる社会の実現を目指して、自立生活及び権利擁護に関する事業活動を障害当事者が運営主体となっておこなっている、サービス提供機関です。

介助サービス

介助サービスは、介助が必要な方の自立支援を目的とした、制度外(インフォーマル)サービスです。

介助サービスの流れ

  • ①介助サービスに登録をします。
  • ②利用者がCIL豊中に原則5日前までに依頼をします。
  • ③依頼に基づいて、CIL豊中が条件の合う登録介助者を調整し派遣します。
  • ④翌月、利用者に介助料の請求をし、介助者に介助料を支払います。
  • ※利用対象者は、原則豊中市在住の障害を持つ人です。
  • ※身体の介護は同性の介助者が基本です。
  • ※条件の合う介助者が見つからず、御希望にそえない場合は御了承願います。

同行

介助者が、初めての利用者のところに行く場合、1回目(場合によっては数回)は同行という形でコーディネーターや慣れている介助者と一緒の活動となります。

※介助の内容によっては引き合わせのみの場合もあります。

介助中の交通費等

介助中の介助者の交通費は、利用者が負担します。

介助中の介助者の映画等チケット代は、利用者が負担します。

介助中の介助者の食費は、介助者の自己負担です。

記録

介助サービス実績記録票は介助終了後に介助者が30分単位で記録し、利用者が保管します。実績記録票は毎月末締めで、翌月3日までに利用者がCIL豊中に提出して下さい。

支払い

翌月、利用者に介助料を請求し、介助者に介助料を支払います。

  • ※利用者の支払い方法は原則、口座自動引き落とし(翌月27日)でお願いします。
  • ※介助者への支払は、翌月20日に銀行振込です。

保険

損保ジャパン ウォームハートに加入しています。

事故等が起こった場合、同保険の補償限度内での補償となります。

介助料

介助料(1時間)
利用者支払介助者受取事務手数
1,200円1,100円100円
  • ※依頼は1時間以上30分単位です。やむを得ず30分の依頼でも1時間の介助料になります。
  • ※交通費は利用者が実費負担します。
    電車・バス等公共交通代、自転車:50円、車・バイク:100円、必要により駐車代
  • ※キャンセル料は前日まで無料、当日半額です(上限10,000円)。
  • ※介助者受取は30分の介助でも1時間分になります。
  • ※同行の場合、介助者が受け取る介助料は半額です(CIL豊中が負担します)。

旅行料金

旅行は1泊24時間16,000円(介助者受取15,000円、事務手数料1,000円)

依頼は1泊24時間以上4分の1日(6時間)単位です。

交通費及び宿泊費は利用者負担です。

キャンセル料は介助料と同じです。

介助者の心得

  1. 約束・時間厳守。やむを得ず約束の介助を休むときや遅れるときは、分かった時点ですぐにCIL豊中に連絡して下さい。
  2. 利用者及び家族の情報または秘密事項を、活動中かどうかに関わらず外部に漏らさないで下さい。
  3. 利用者の生活を理解し意思を尊重して下さい。介助者の考え方等価値観を押しつけないようにして下さい。
  4. 利用者とのコミュニケーションを大切にして下さい。言語障害がある方等、介助者が先へ先へと話を進めてしまいがちです。
  5. 風邪など介助者自身の健康管理に気をつけて下さい。障害によっては風邪が命取りになる場合があります。
  6. 事故等、トラブルが起こったときは出来るだけ早くCIL豊中に連絡して下さい。

上に戻る