点字の「ちょっと豆知識」


 日頃、街中でよく見かけるようになった点字。
 あれってどうやって読むの?どんな決まりがあるの?という疑問を持たれている方もおられると思います。ここでは点字というものの構造や一般的な決まりについて、述べてみたいと思います。

 点字は、縦3点×横2点の6つの点から成っております。これらを組み合わせて文字を作るのですが、一番左上の点を『1の点』、左の上から二番目を『2の点』といい、一番右上の点を『4の点』、そして最後は一番右下の点で、『6の点』といいます。

 濁音・半濁音や拗音(小さい字の事ですね)を打ちこむ際は、まず「濁音符(半濁音符)」・「拗音符」をそれぞれ打ち、それから文字を打ちます。例えば“ご”だと、墨字で書く場合は『“こ”に“てんてん”』と書きますが、点字の世界では『“てんてん”に“こ”』という書き方になります。そして“ちょ”や“きゅ”の場合も、点字で書くとそれぞれ『“拗音符”に“と”』・『“拗音符”に“く”』となるのです。
 濁音符は「5の点」、半濁音符は「6の点」、そして拗音符は「4の点」によって表します。
 
 数字やローマ字を打つ場合も同じ様に、「数符」・「外字符(ローマ字符)」を打ってから文字を打ちます。そして数字やローマ字の場合、符号の後に続く文字というのは、普段はひらがなの文字となっているものです。例えば“4”と打つ場合は、数符の後で“る”と打つのです。つまり、普段は“る”と読まれる文字が、頭に数符を付ける事によって、数字の“4”に早変わりするのです。もし数符を打ち忘れますと、自分は“4”と打ったつもりなのに、読んだ人は“る”と読んでしまう事になります。
 なお、数字符は「3・4・5・6の点」で、外字符は「5・6の点」によって表しています。

 ローマ字の時も同じく、例えば“e”と打ちたい場合は、外字符の後で“ら”と打ちます。つまり“e”という文字は、外字符が打たれていない時は、“ら”と読まれるのです。ただしここで一つ注意しなくてはいけない事があって、上に書いたローマ字も小文字で書いてありますが、大文字で表したい場合は、外字符の次に「大文字符」というのを打ち、それから文字を打たなくてはいけません。
 大文字符は「6の点」で表し、全ての言葉が大文字(例えばCIL)の場合は、外字符の後、「6の点」を2回打って、『CIL』と入力することになります。

 そのほか、点字の世界では語尾が「う」で終わる言葉(たろう・かちょう・こうほうぶ、など)は、語尾を長音で表します。例えば、“たろー”・“かちょー”・“こーほーぶ”といった具合です。
 なお、途中で「い」が入る言葉(例:営業、政治)の場合は、点字でも“えいぎょー”、“せいじ”となります。

 最後に、点字の世界では、一単語ごとに細かくスペースを空けて区切らなくてはならないという決まりがあります。これは『分かち書き』と呼ばれ、点字の中でももっとも重要な決まりの1つです。続けて点字を打つと、読む人は混乱してしまうので、頻繁にスペースを空けなくてはならないのです。例えば名前を打つ際も、名字と名前の間は必ず一マス空けることになっていますし、肩書きも長い場合は、途中で一マス空けて打ち込みます(例:代表取締役社長=「だいひょー とりしまりやく しゃちょー」)。

 以上、点字についての一般的な決まりを説明いたしました。もし何か質問がありましたら、お気軽にお尋ね下さい。



点字名刺事業に戻る