利用してみませんか? 自立生活体験室
みなさんは、自立生活体験室をご存じでしょうか?


自立生活体験室(ILPルームともいいます)は、自立生活をめざしている障害者の方が、実際の生活に近い環境で、自立生活を体験してみる部屋です。
場所はCIL豊中の事務所から徒歩10分ほどのところで、一軒家を借りております。
あなたも一度利用してみませんか?あなたの自立生活のイメージが描けると思います。
宿泊でも、デイのみでもご利用になれます。みなさま、お気軽にご利用下さい


料金は、宿泊利用の場合:1人1泊1500円
      デイ利用の場合:
1人1回750円(5時間まで)、1000円(5時間以上)
利用出来る時間帯は9:00〜18:00の範囲です。なお、介助者の方は無料となります。
      
※ご利用にあたっては、事前に申し込みをしていただくことになっております。申し込み期間は、宿泊利用が当日の2ヶ月前から1週間前まで、デイ利用が当日の1ヶ月前から1週間までです。

※デイ利用の場合は、当センター休所日(日曜・火曜・祝日・年末年始)は、原則ご利用にはなれないのですが、応相談と致します。

浴室とトイレは一緒になっています
※当センターで用意している福祉機器は、以下の通りです。
  電動ベッド(リモコンで、上下半身の起き上がり可能)、移動式電動リフト、固定式電動リフト(浴室内)、シャワーチェア、トイレ・風呂手すり、ベッド手すり、取り付け型スロープ(渡し板状)
※ILPルームの入口はスロープ状になっており、扉はスライド式です。
※お申し込み・お問い合わせは、豊中市障害者自立支援センター、電話06−6857−3601まで。

以下、写真でご案内します。

ILPルーム外観。見ての通り、ごく普通の一軒家です。 スロープ状に改造された入口


寝室です。取り外し式の柵を備えており、テレビもあります。 寝室には、移動式リフトが常設されています。


室内のようす。まずは玄関から。
完全にフラットなので、車いすのまま入れます。
玄関の横にあるキッチンです。
車いすの方が使用しやすい様、台は低くなっています。
取り付け型スロープ


浴室とトイレのようす。シャワーチェアもあります。
ユニット式バスで、右側が浴槽です。
浴室に移乗するための固定リフトです。 浴槽のようすです。両側に手すりが付いています。



 

豊中市障害者自立支援センターに戻る